« 『LDK』7月号 | トップページ | 『全国パワースポットベストランキング』 »

2016年6月16日 (木)

『脳が壊れた』

Dscf9027_2

表紙の帯をご覧になっての通り、41歳の時、突然の脳梗塞になったルポライター、鈴木大介さんの闘病記です。

(以下引用)
一命は取り留め、見た目は「普通」の人と同じにまで回復した。けれども外からは見えない障害の上に、次々怪現象に見舞われる。トイレの個室に老紳士が出現。会話相手の目が見られない。感情が爆発して何を見ても号泣。一体、脳で何が起きているのか? 持ち前の探求心で、自身の身体を取材して見えてきた意外な事実とは? 前代未聞、深刻なのに笑える感動の闘病記。

私は脳梗塞という病気は聞いたことくらいしかなかったのですが、この本を読んで、そうなのか…と思うことだらけでした。
話が具体的というか実話なので、こんなに大変で、こんなに周囲に助けられていたのかと。


イラストですが、「深刻な内容だけど、そうだけだと捉えられるのではないように。柔らかく。」とのことで著者の鈴木さんをおさるさんにしてしましました。happy01

Dscf9028_2
個人的には、ジャスミン茶とパソコンの「HUNTER」の文字がポイント。

Dscf9031_2

Dscf9029_2

Dscf9030_2


最後のこのページは興奮しました!coldsweats02
Dscf9032_2

産廃さん、ありがとうございました。

|

« 『LDK』7月号 | トップページ | 『全国パワースポットベストランキング』 »

イラストのお仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/57385/66049344

この記事へのトラックバック一覧です: 『脳が壊れた』:

« 『LDK』7月号 | トップページ | 『全国パワースポットベストランキング』 »